不二家、とろける「ミルキー」投入のワケ 「キャンデーは硬い」は「頭が固い」?

拡大
縮小

ビジネスは時代の変化に応じて姿を変えるべし

ミルキーは不二家の初代社長である林右衛門が、戦災で焼け残ったボイラーただ1基を手がかりに、水飴と練乳という製菓材料を手に母親の愛情を表すようなやわらかい味を目指して開発。時代背景や限られた条件などが重なって、キャンデーという形態で登場した。

ただ、いくら成功したビジネスや企業であっても、ずっと同じカタチでいつまでも栄華は保てない。基本的なノウハウやブランドを保ちながらも、時代の変化に合わせてその形態を変えていくことが求められる。

そもそも「キャンデーが硬い」ということが、「頭の固い」考えなのかもしれない。成否はともかく、少し大げさに言えば、生ミルキー袋は、発売63年目を迎えたミルキーにとって、従来の固定観念を打ち破って、時代の変化に対応する新たな姿を探っている商品なのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT