JDI、「異色人材の参画」で目指す大改革の中身

伊藤嘉明CMO、「短期間で結果を出していく」

もちろん、一朝一夕にできるものではありません。ただ、アクア時代には、IoTを活用した新たな可能性を追求しましたが、このときには社内のリソースが少なく、外部企業を巻き込んで製品開発を進め、IoTによるコト作りを行っていたのに対して、JDIを見てみると、アクアのとき以上にリソースがあり、もっと可能性があるということを感じます。

持っている技術はとにかく多い。私からすると15倍、20倍もできることがあると感じます。だから、すごくワクワクしているんです。

インターフェース屋に進化させたい

――たとえば、どんなものがありますか。

一例をあげれば、指紋センサーなどのセンシングを活用することで、これまでにはない「コト」が提案できると思います。IoTは、モノではなく、それがつながって、なにができるかが大切です。ディスプレイ屋がディスプレイを作るだけでは、やはりディスプレイという製品にしかなりません。しかし、ディスプレイに、センシング技術を組み合わせると、ディスプレイ屋が、インターフェース屋に進化するのです。

インターフェースの切り口を持つと提案力が広がります。ここでは、コンソーシアムを作って、大手企業からベンチャー企業までの幅広い企業を巻き込みながら、さまざまな応用を模索することもできます。むしろ、ここではベンチャー企業のスピード感を生かしたほうがいいと思っているくらいです。日本の覚醒に向けて、「この指止まれ」という仕組みを作ることで、アイデアを持ってきてもらい、一緒に、コトづくりを加速したいと考えています。

単に製品を作り上げるということだけでなく、サービスといった領域にもJDIは踏み出すこともありだと思っています。10月1日付けで、モバイルカンパニー、車載インダストリカンパニー、ディスプレイソリューションズカンパニーの3つのカンパニー体制としますが、このカンパニーに共通しているのは、いずれも部品屋のカンパニーであるということです。

私は、これ以外のビジネスが出てこなくてはいけないと思っていますし、次のステップでは、ソリューションカンパニーのような部品屋とは違う新たなカンパニーが、JDIの中に生まれてもいいのではないかと思っています。そのためのリソースが社内に少ないのであれば、外部の企業と組んでもいいですし、主導権は持たなくてもいい。そこに、JDIの技術、製品を提供することで、コト作りができると思っています。

――東入來会長兼CEOが打ち出した中期経営計画では、ノンモバイル事業の拡大、車載事業の成長、産業機器への取り組み強化、そして新事業の創出を打ち出しました。コト作りはこれに連動したものになりますか。

これはいま持っている技術や事業を対象にしたのものであり、コト作りは、これとは別の話になります。JDIがビジネスモデルを変えていくには、サービス提供、ソリューション提供といった新たな取り組みが必要です。私の役割は「創造」する部分。そこに全力投球していくことになります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT