男性たちもハマる占い、その知られざる効果

精神科医も通って驚いた

人が占いに求めるものとは(写真:wavebreakmedia / PIXTA)
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というけれど、人が占いに求めるものはいわゆる「当たり」だけではない。占いにみられるカウンセリング効果を探った。

 

「人生ついていない時期ってあるじゃないですか。波があると経験的に知っていても、抜け出せないかもしれない不安を抱えてじっと待つなんて、耐えられるもんじゃないでしょう」

そう切り出したのは、精神科医で作家の春日武彦さんだ。

春日さんは2年前、そんな局面と対峙した。親を亡くした直後だったからかもしれない。期待したほど著作は売れず、原稿依頼も減った。齢60を過ぎて体力も落ちた。頂点がどこかもわからないのに、落ち目かよ。努力しているのに、なぜこんなしょぼい状態に置かれなければならないのか。

「でも、友達に言うのは恥ずかしいし、同業者のところには絶対に行きたくない。お互い手の内を知っているから、向こうも困りますよね」(春日さん)

占いのカウンセリング効果

そこで選んだのが、占いだった。精神科医が昼間から占いに行くとは何ごとか。自分を相対化し落ち着こうという思いも、半ば自虐的な思いもあった。

ごく普通の「おばさん」に見える占い師に自身の職業を告白し、「人生うまくいかず納得いかん」と「ぐじぐじと」言い募っていたときだ。

「物心ついてから今まで、一日として不安がない日はなかった」

そう言っている途中で、涙があふれだした。

「占い師が勝ち誇った顔をして『いいのよ、存分にお泣きなさい、これをカタルシスというのよ』と言うわけです。それはおれのセリフだ! なんでおれはこのおばさんの前で泣いているんだ。ここ30年、親が死んだときも泣かなかったのに、と自分でも驚いた。しかし、意外とすっきりした。つまり、占いには、ある種のカウンセリングの効果があるんです」(同)

次ページ言語化による整理
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT