iPhone 8、使って分かった「絶対買い」の根拠

カメラ機能が驚くほど進化していた!

友人の結婚式を、iPhone 8の4K/60フレーム秒で撮影し、iPhone 8上のiMovieで編集した。滑らかで高精細な動画を楽しむ事ができる

iPhone 8では、動画撮影も大幅に強化された。独自開発の画像処理エンジンとビデオエンコーダーを内蔵し、4Kはこれまでの倍の60フレーム秒で滑らかに記録することができる。またスローモーションはフルHDで240フレーム秒の記録を実現する。このスロー撮影を長時間実現できるカメラはなかなか存在せず、iPhoneのカメラが頭1つ突き抜けたことになる。

動画記録でも新フォーマットが利用でき、4K/24フレーム秒の映画スタイルの記録なら、1分間にたった135MBの保存容量で済む。フルHD/30フレーム秒の標準画質なら60MBだ。よりコンパクトに扱うことができるビデオ撮影は、写真とビデオの共有される比率が逆転していく可能性すらあるだろう。

これまでも、iPhoneのカメラは、写真の世界でのゲームチェンジャーとなってきた。これからは、高精細なビデオ、そして拡張現実の世界で、新たなアプリケーションの登場を支え、人々がビデオやARとのより深い関わりを作り出すことになる。

iPhone 8 Plusのカメラに備わる、驚きのギミック

米国国立自然史博物館の蝶のパビリオンで、ポートレートモードにて撮影した蝶。羽根の質感も豊かに再現している(iPhone 8 Plusにて筆者撮影)

iPhone 8のカメラはセンサーや画像処理エンジンの刷新、そして光学手ぶれ補正の機能向上といった進化が見られる。iPhone 8 Plusには、引き続き、1200万画素の広角と望遠の異なるカメラが2つ備わる。撮影時、ワンタップで瞬時に切り替えることができる仕組みだ。

この2つのレンズを使って実現したのが、被写体にフォーカスして背景をぼかすことができる「ポートレートモード」、被写界深度エフェクトだ。iPhone 8 Plusではポートレートモードが進化し、「ポートレートライティング」(ベータ版)が追加された。これはポートレート撮影をする際に、5種類の異なるライティングを適用することができるエフェクトだ。

次ページ特に驚かされるのがステージ照明だ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。