国際政治にとって9月は「残酷な月」になる

フランス、英国、米国、中国を襲う試練

極左、極右の両方から熱烈な反対にあっているフランスのマクロン大統領と、中国の習近平国家主席(写真:Ian Langsdon/ロイター)

英国の偉大な詩人、T・S・エリオットは「4月は残酷な月」と吟じた。だが、今年は9月こそ最も残酷な月の名にふさわしい──。そう各国の政治家たちが考えたとしても無理はない。

たとえばマクロン仏大統領。極右政党・国民戦線のルペン党首への反対票をバックに大統領になった比較的無名の政治家だ。同氏の経済政策は今、極左、極右の両方から強烈な反対にあっている。

英国は現実を突き付けられる

不人気な緊縮財政や公務員の昇給凍結に加え、同氏は雇用慣行を改革しようとしている。政治的な嵐が吹き荒れることは間違いなく、労働組合は9月の第2週にゼネストを行うと揺さぶりをかけている。

英国において9月は、欧州連合(EU)離脱に縛られたメイ政権と英国民が現実を突き付けられる月となろう。メイ政権で環境相を務めるゴーブ氏はかつて、離脱交渉がいったん始まってしまえばハンドルを握るのは英国だ、と言っていた。だが、崖から落ちようとしている車の運転席に座りたいとは、誰も思わないだろう。

次ページ米中関係も9月に正念場を迎える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT