鳥貴族の全品値上げ、背景に「改正酒税法」も

居酒屋の悩みは人件費高騰だけではない

関東圏を中心に展開する串カツ田中はすでに7月、ビールを390円から399円に、ハイボールを350円から370円に値上げした。

「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」を運営するペッパーフードサービスでは、酒類の中でも特にビールの仕入れ価格が1割以上上昇したという。それを受けて8月から9月にかけてビールの値段を480円から500円に20円値上げする。

競争の厳しい居酒屋にとって、値上げの判断はそう簡単ではない。「響」や「魚盛」を都市部で展開するダイナックの担当者は、「確かに仕入れ価格は1割程度上がっているが、単純な値上げでは消費者に説明がつかない」と話す。具体的な値上げ方法を現在検討中という。

仕入れ値上昇の影響を吸収しようと、サワーやハイボールなど比較的利幅の大きい酒類の拡販や、新規メニュー開発などに取り組む居酒屋は多い。しかし、それだけでカバーするのは難しくなってきた。

「鳥貴族の対応を注視していた」

実は「鳥貴族が今回の仕入れ価格上昇にどう対応するのかを注視していた同業が多かった」(都内居酒屋チェーンのオーナー)。

鳥貴族は、酒類も一律280円で提供してきた。ほかのビールに比べ高く販売されることの多いサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」も280円。それをどこまで維持するのか。鳥貴族は低価格を武器に消費者の支持を得てきただけに、その動向は業界の注目の的だった。

当記事は「週刊東洋経済」9月9日号 <9月4日発売>からの転載記事です

「どこが先に動く(値上げする)か、様子見していた居酒屋が多い」(都内酒販店店主)。その中で今回、鳥貴族が値上げに踏み切ったことで、動きやすくなると感じる競合チェーンは多いはずだ。

今後、業界に値上げの動きが広がってきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング