第一三共、英アストラゼネカが買収を提案か

一時は株価が13%上昇、2008年9月以来の高値

 8月31日、東京株式市場で第一三共株が一時13%の上昇となった。英アストラゼネカが第一三共に買収提案していたことが分かったと、日経ビジネスオンラインが報じた。写真はアストラゼネカのロゴ。2014年撮影(2017年 ロイター/Phil Noble)

[東京 31日 ロイター] - 東京株式市場で31日、第一三共<4568.T>株が一時13%の上昇となった。英アストラゼネカ<AZN.L>が第一三共に買収提案していたことが分かったと、日経ビジネスオンラインが報じた。

第一三共が打診を受けたのは昨年で、がん領域での新薬開発の加速などがアストラゼネカの狙いとみられるとしている。2008年9月以来の高値を付けたが、急伸後は上げ幅を縮小している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT