第一三共、英アストラゼネカが買収を提案か

一時は株価が13%上昇、2008年9月以来の高値

 8月31日、東京株式市場で第一三共株が一時13%の上昇となった。英アストラゼネカが第一三共に買収提案していたことが分かったと、日経ビジネスオンラインが報じた。写真はアストラゼネカのロゴ。2014年撮影(2017年 ロイター/Phil Noble)

[東京 31日 ロイター] - 東京株式市場で31日、第一三共<4568.T>株が一時13%の上昇となった。英アストラゼネカ<AZN.L>が第一三共に買収提案していたことが分かったと、日経ビジネスオンラインが報じた。

第一三共が打診を受けたのは昨年で、がん領域での新薬開発の加速などがアストラゼネカの狙いとみられるとしている。2008年9月以来の高値を付けたが、急伸後は上げ幅を縮小している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。