なぜスマホゲームは「不倫」へと発展するのか

「出会い」の中心地はSNSからネトゲに移行

しかし、元カレは束縛が激しい性格だった。最初のデートのときのラブホテルで、朱里さんの夫に不倫をバラす発言を匂わせたので、関係をそこで終わらせる。

「15年前に、彼の束縛が嫌で別れたのに(笑)。人間の基本的な性格は変わりません。元カレとは、お互いに情が移る前に、遊びということで、初回でバイバイ。私はFacebookをやっていないので、こんなふうに人とつながれるというのが新鮮でした。その後、もっと面白いゲームはないかと思っていたときに見つけたのが『モンスターハンター』(モンハン)だったのです」

このゲームは、ハンティングアクションゲームの人気シリーズ。ゲーム曲のコンサートや、ゲームの世界観を生かしたウエディングプランなども登場している。朱里さんは、現在の彼とモンハンで知り合う。

「私はドラクエ世代だからロールプレイングゲームが好きなんです。このゲームは狩猟団というものを組織し、仲間でモンスターを倒すのが特徴。ゲーム内にはイベントがあり、決まった時間にメンバーが集まって、ゲームを進めるなどの工夫もされています。私は彼が団長になっているグループに参加することが多いのですが、彼の優しくて控えめで強い性格に、惹かれるようになっていきました」

ゲームには人間性がにじみ出る

ゲームには性格が表れるという。ゲーム内での名前の付け方、武器や衣装選び、戦い方などにプレーヤーの人間性がにじみ出る。

「オラオラ系のゲームスタイルの人は、なるべく避けていました。彼は大人っぽい落ち着きがあって、先に私のほうから好きになったんだと思います。その気持ちは伝わったらしく、ゲーム内のチャットで、彼のほうからLINEのIDを教えてくれて連絡を取り合うようになりました。最初はゲームの話題だったけれど、今日食べたものや、おやすみのあいさつなどをするようになり、どんどん好きになりました。初めて声を聞いたときは、あまりの興奮でひとりエッチをしてしまったくらい」

彼は大阪在住で妻帯者だから、自由になるおカネも少ない。2人が最初に会ったのは、出会いから半年後。彼の東京出張に合わせ、2人はデートをした。朱里さんは銀座・和光の前で彼を待つ。

「自分史上最高にドキドキしていたかも。中学時代に戻ったみたいなときめきでした。彼はゲームのたくましいキャラとは全然違う、普通のメガネをかけたサラリーマンだったのですが、すぐにわかりました。彼が行きたいという『俺のフレンチ』でゴハンを食べ、新橋のビジネスホテルで初エッチ。やはり、落ち着いていて、すごく性格が合う人だったんですよね。身も心もギュッとつかまれるくらい気持ちよかった。会えない時間が長かったから、気持ちが盛り上がっていたかも」

次に会えるのは1年後だという。その間も、朱里さんはゲームやLINEを通じて彼と連絡を取り合っているという。

次ページ中村良子さん(仮名・45歳)の場合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT