なぜスマホゲームは「不倫」へと発展するのか

「出会い」の中心地はSNSからネトゲに移行

もう1人お話を伺ったのは、中村良子さん(仮名・45歳)。派遣社員をしている彼女には海外赴任中の夫がおり、小学校6年生の娘とともに、東京都杉並区内の実家に暮らしている。

「仕事がヒマだから、ここ2年くらいはいろんなゲームアプリで遊んでいます。イケメンが出てくる戦国モノや、超人気ゲームの『刀剣乱舞』などにもハマりましたが、やはり『ファイナルファンタジー』『ファイアーエムブレム』シリーズなど昔ハマったゲームが面白いと感じます」

良子さんが、不倫相手と出会ったのは、ゲーム情報を交換する“Lobi”というゲーマー専用のSNS。

「女子のゲーム仲間から教えてもらって始めました。そこであるゲームの情報を交換するグループに入ったのですが、この居心地がよくて。そこで、リアルでも会うことに。待ち合わせ場所は池袋の激安居酒屋でした。男女混合6人というサークルみたいな感じが久しぶりで胸が熱くなりました。メンバーは20~40代までいるのですが、ゲームが共通の話題になるから、話が尽きないんです」

良子さんは、LINEを交換した、7歳年下のガテン系のバツイチ独身男性から誘われる。

「その日のうちに、流れでエッチしました。ゲームを通じて、優しい性格だと知っていたのでOKしたんです。夫とは8年以上レスなので、最初はすごく痛かったですが、まだ女性としてイケてるんだと思ってホッとしました。その後、“Lobi”で知り合った数人の男性とゴハンを食べに行っています。エッチまでした人は少ないかな」

ゲームを通じた出会いには利点がある

ゲームを通じた出会いのいいところは、あからさまなエッチ目的ではなく、コミュニケーションを楽しめること。良子さんは独身の男女の出会いの場としても十分機能している、と語る。

「ゲームを通じて知り合って付き合った人もいると聞きます。共通の話題があるし、会う前に性格がなんとなくつかめている。それにこれは私の経験ですが、スマホゲームはガテン系の人が多い。みんな優しくて明るくていい感じなんです」

ほかにも、ゲームで出会いがあったと語る女性は増えている。SNSに比べて、バーチャルとリアルの境界線が明確なゲームで、心身共に満たされる人はこれからも増えていくだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT