ハフポスト、「リニューアル立役者」の正体

ジュリア・ベイザー氏とは何者か

ハフポストのプロダクト責任者ジュリア・ベイザー氏(写真:HuffPost)

「ハフポスト」がWebサイトのデザインの刷新を今年4月に発表したあと、ジュリア・ベイザー氏は十数人の同僚と一緒にマンハッタンのミッドタウンにある小さなカラオケバーでお祝いをした。ベイザー氏はマイクを手にして、ガース・ブルックスの曲を熱唱。ルイジアナのバトンルージュに残してきた恋人を歌ったその曲は周りから好奇の目で見られたが、ハフポストのプロダクト責任者でバージニア州ヴィーナ出身の彼女は、そんな周囲の視線をヨソに、その夜、再びマイクを手にステージに戻った。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

「ジュリアはニューヨークにいてもバージニアの魂を決して失うことはない」と述べるのは、ハフポストのシニアプロダクトマネージャーで、「ワシントン・ポスト」とハフポストの両方でベイザー氏の下で働いてきた、エミリー・イングラム氏だ。

よりオリジナリティのある報道に予算をシフト

ハフポストはインターネットの初期に寄稿者ネットワークを背景に拡大したが、今日では、そのアイデンティティを模索している。Vox Mediaやリファイナリー29といった、新たに登場した急成長するパブリッシャーらとの競争に直面しているのだ。

動画への対応が遅れており、寄稿者ネットワークが機能しなくなりつつあるなか、よりオリジナリティがある報道に予算をシフトさせる必要が出てきた。ハフポストは、最近設立されたAOLとヤフーの複合企業体、オースの下で運営されており、去年同社を去った創設編集者のアリアナ・ハフィントン氏がいなくなったあと、なんとか持ちこたえようとしている。

次ページ自己改革への挑戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。