来年度防衛予算、過去最大の5.2兆円を要求

関係者が発言、2017年度比で2.5%増に

 8月22日、防衛省は2018年度予算案の概算要求で、過去最大の5兆2551億円(米軍再編費など含む)を計上する方針を固めた。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮や海洋進出を強める中国をにらみ、厳しい財政事情の中でも防衛費は積み増す。写真は日米共同訓練の模様。北海道恵庭市で14日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 防衛省は2018年度予算案の概算要求で、過去最大の5兆2551億円(米軍再編費など含む)を計上する方針を固めた。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮や海洋進出を強める中国をにらみ、厳しい財政事情の中でも防衛費は積み増す。

関係者によると、来年度は弾道ミサイル防衛強化のため、陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の基本設計費を要求する。金額は年末までに詰める。日米が共同開発し、速度や飛距離など能力を高めた迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」も調達する。

東シナ海の防衛力を強化

また、中国船の動きが活発な東シナ海の防衛力を強化するため、新たに開発した小型護衛艦2隻の建造費約1000億円を計上。ステルス戦闘機の「F35」を引き続き調達し、6機分約880億円を要求する。潜水艦1隻の建造費約700億円も盛り込む。

来年度の要求総額は、今年度予算5兆1251億円に比べ2.5%多くなる。関係者は「(前年より)減額すれば中国や北朝鮮に誤ったサインを送ることになる」と話す。

来年度は5年間の中期防衛力整備計画(中期防)の最終年。中期防は米軍再編費などを除いた防衛費を年0.8%のペースで増額する方針を定めている。

(久保信博  編集:田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT