アマゾンに掲載する広告に注目が集まる理由

熱視線を向ける広告主たち

今年に入ってからAmazonの広告事業が加速している

GoogleとFacebookの二大巨頭が独占するデジタルメディア業界で、Amazonが強力なライバルとして台頭するという見通しが、ますます現実味を帯びてきている。そしていま、世界の大手ブランドもAmazon向けの予算について検討しはじめている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

この動きが加速してきたのは、今年に入ってからだ。ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)グループでCMOを務めるデビッド・ウェルドン氏や広告代理店グループWPPを率いるマーチン・ソレル氏が、GoogleとFacebookによるオンラインメディアの完全支配を断ち切るために、このインターネット小売業者へ協力しようとしている。これは、Amazonの広告ビジネスが市場に競争力をもたらすという推測に基づくものだ。Amazonは広告主のため「広告プラットフォームのリーダー」になって「最高クラスのサービス」と「戦略的なコンサル」を提供すると誓い、その熱狂を盛り上げている。これらの情報は、その宣伝文句を耳にした多くのマーケティングおよびエージェンシー幹部から寄せられた。

かつては検索およびプログラマティックでは後進だったAmazonも、いまではパーソナルアシスタントのAmazonエコーやプライムビデオサービスを抱えていると話すのは、クリエイティブエージェンシーVCCPの最高デジタル責任者であるサム・フェントン―エルストン氏だ。彼によると、エージェンシーとAmazonセールスチームとの話し合いが12カ月前よりはるかに活発化したという。プログラマティックや検索を通じてGoogleから資金を移すことが話題の中心になっている、と彼はいった。

検索広告に投じられる予算

しかし、Amazonのセールストークの波及効果をもっとも速く感じられるのが、検索広告に投じられる予算だ。VCCPは、この9カ月間で広告主らがGoogleから「強固な投資収益率(ROI)」を有するオンライン小売業者であるAmazonへと検索広告費用を移し替えている光景を目にしているという。さらに、ブルームバーグ(Bloomberg)の発表によると、メディアグループのNBCユニバーサル(Universal)と生活用品メーカーのユニリーバ(Unilever)の予算を管理する広告エージェンシーのグループM(Group M)が2017年、広告主がAmazonの検索広告に費やす資金はどの月を見ても前年比で10から15倍だと話しているという。

次ページ広告主を呼び込む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT