テレビ番組を変える新指標「視聴質」の正体

テレ東の「ニッチ」路線は、やはり強かった

家族全員で見ているテレビ番組は、視聴率だけでは評価しきれない価値を持っているのか(写真:xiangtao / PIXTA)

テレビ番組の評価は、ビデオリサーチ社による「視聴率」で決まっていることはよく知られている。現在の日本においては、サンプル世帯ごとのテレビ電源のオン・オフを1分単位で測定したものが視聴率の算出に使われる。しかし、言うまでもないことだが、この視聴率では測りきれないことがたくさんある。

スイッチがついていても、人が見ているかは別問題

たとえば、リビングルームで1台のテレビの電源がついていた場合、もし4人家族だったら、そもそも誰がテレビの前にいるのかについてはわからない。また、テレビの前にいる人が、実際に画面を注視しているのかという点もわからない。そうした細かい実態については計測していないし、データにも残っていない。そのため、実態が数字で可視化されることはなかった。

つまり、テレビの電源がオンの状態になって、あるテレビ局の番組が流されていれば、その番組が視聴されていると仮定して、数字を出しているのだ。極端な話、テレビの前に誰もいない場合でも、家族全員で熱中して見ている場合でも、価値は同じとされている。

しかし、今は1人1台スマートフォンを持っているスマホ全盛時代だ。たとえテレビがついていても、目はスマホの画面を見ているということが以前より頻繁に発生している。ただスイッチがオンになって流れているだけで、誰も見ていない番組と、家族で一緒になって楽しんでいる番組では、価値が大きく異なると考えるべきだろう。

そこで、注目されているのが「視聴質」という概念である。

次ページ「視聴質」とは何か?
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。