お土産の定番「ご当地プリッツ」で人気の味は 江崎グリコがリニューアル、全19種に

拡大
縮小

「和ごころプリッツ」は、小麦粉を使わず、主原料に国産のお米を使用し、おかきのようなカリカリとした食感が特徴。今回、中部地区限定の「味噌カツ味」と、中国・四国地区限定の「牡蠣 醤油仕立て」が新しい味として追加されています。こちらは、小箱6個入り。実売価格は700円(税抜)。

【ラインナップ】(発売地区/味)

●北海道/とうもろこし ●東北/ずんだ ●信州/野沢菜 ●新潟・北陸/焼きおにぎり味 ●中部/味噌カツ味 ●近畿/ねぎ焼き味 醤油仕立て ●中国・四国/牡蠣 醤油仕立て ●九州/博多明太マヨ

新発売の2種を含む計8種類をラインナップ

会社用・友人用のお土産に特化した仕様に

今回のリニューアルにあたり、同社ではお土産商品の調査を実施。江崎グリコのプリッツ企画グループ 製品担当の小澤杏奈さんによれば、「土産商品の約半数は『友人・会社用』として購入されており、その予算は会社用が50円以下/人、友人用の6割が100円~200円/人となっている」とのこと。また、購入時のポイントは、「会社用が『入数が多く個包装で、価格が安い』こと、友人用が『出かけた場所のわかりやすさやパッケージデザイン』と、用途によって異なる」そうです。

次ページ中身もリニューアル
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT