アメリカで「植物性肉」が人気化している理由

本物そっくりで消費者つかむ

 8月3日、動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。写真は米カリフォルニア州で2016年10月に開かれた植物性肉のハンバーガー試食会(2017年 ロイター/Beck Diefenbach)

[シカゴ 3日 ロイター] - 動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。まだまだニッチな製品だが、世界の市場規模は2020年までに50億ドル(約5500億円)に達するとみられている。

植物性の原料で作った肉の代替品は昔から売られていたが、最近では野菜のビーツを使って肉色に着色し、カノーラ油で肉の脂のようなジューシーさを加えるなどして、本物の肉と区別がつかないほどの製品が登場している。

こうした「進化」は消費者の心をつかんでいるだけでなく、食肉加工最大手の1つタイソン・フーズ<TSN.N>の関心も呼んだ。

子どもや若者の肥満対策

タイソンは昨年10月、植物性肉メーカーの「ビヨンド・ミート」(カリフォルニア州)に5%出資した。タイソンのトム・ヘイズ最高経営責任者(CEO)は、植物性タンパク源の需要は、動物性タンパク源よりもやや早いペースで伸びていると述べた。

シカゴ西郊の小さな教会で最近開かれたバーベキューの会でも、こうした傾向は明らかに見てとれた。

バーベキューグリル5台で、定番のスペアリブやソーセージ、ホットドッグと並んで、ベジ(野菜)バーガーが焼かれていた。教会メンバーのダグ・パーカーさんによると、ベジタリアンの食品は、子どもや若者の肥満対策として2年前から使うようになった。

「ライフスタイルを変えないといけなかったが、ベジバーガーは大好きだ。昔のものは野菜みたいな味がしたが、今は全然違う」と、8年前に糖尿病と診断され、肉を食べる量を減らしたというパーカーさんは言う。

次ページ夏はバーベキューシーズン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。