トランプ大統領、「軍事解決の用意は整った」

「金正恩氏が別の道を模索するよう願う」

[ベッドミンスター(米ニュージャージー州) 11日 ロイター] - 北朝鮮が米国が朝鮮半島を核戦争の間際に追い込んだと非難するなか、トランプ米大統領は11日、米国が軍事的解決をとる準備は完全に整っていると述べ、北朝鮮を再度けん制した。

ニュージャージー州ベッドミンスターのゴルフリゾートで休暇中のトランプ氏は、「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら、(米国の)軍事解決に向けた準備は完全に整っている」とし、北朝鮮の指導者、金正恩朝鮮労働党委員長が「別の道を模索するよう願っている」とツイートした。

トランプ氏は軍事解決の準備が整っていることを示すにあたり「locked and loaded」との言葉を使用。ジョン・ウェイン主演の1949年の映画「硫黄島の砂」からの引用と見られる。

トランプ氏はその後、記者団に対しこの言葉について説明するように求められると、「こうしたフレーズは実に分かりやすい」と述べた。

また、「北朝鮮の金委員長が再度脅しをかけたり、米領グアムやその他の米国の領土、および米国の同盟国を巡り何らかの行動を起こせば、直ちに心底、反省することになる」と警告した。

トランプ氏はこのほか、米国は北朝鮮との裏口外交については語りたくないと述べた。

トランプ氏のツイートの直前には、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が「トランプ大統領は朝鮮半島を核戦争の間際に追い込んでいる」とする声明を発表していた。

米朝間の緊張が高まるなか、ロシア、中国、ドイツなどが相次いで懸念を表明。ただ米国防総省はこの日、韓国との年次合同軍事演習を予定通り21日に始める方針を示すなど緊張緩和の兆しは見られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT