41歳経営者は全財産を失っても立ち直った

IMJ竹内CEOの痛快キャリアストーリー

1年後、野村證券を辞め、リーマン・ブラザーズの仲間とともにクロスポイント・アドバイザーズを設立。再度、独立したのです。ただ、メンバーの招集が思いの外うまくいかず、しばらくは1人で事業を行っていました。

2011~2012年ごろになると、ようやく事業も軌道に乗りはじめました。そのとき、久しぶりにCCCの増田さんから連絡があったのです。「一緒に仕事をしないか」、と。

ただ、ペットショップの一件もありましたので、「会社としての依頼であればやりません」と、キッパリ断りました。それで増田さん個人と仕事をすることにしたのです。

CCCのMBO(マネジメント・バイアウト)による非上場化やグループ会社の売却・購入など、再編に関するさまざまなアドバイスをしました。そのうちのひとつがCCCグループのIMJです。もともと外部からお手伝いをしていたこともあり、よく知っている会社でした。

IMJの業績は最悪だった

――その後、IMJの改革に取り組みました。

当時、IMJの業績は最悪でした。もともとIMJはウェブ制作会社ですが、4期連続最終赤字ということもあり、「そもそもこの業界自体がもうダメなのでは?」と考えたほどです。結局、MBOによって非上場化をすることになりました。

その後、会社の立て直しに奔走することになります。社内で若手の有志が集まり、次世代の経営を担おうという動きもあり、その人たちとも話をしました。2012年春のことです。それで私がCFOとして参画することになったのです。

CEOになったのは2015年の1月。業績も回復し、再上場まで視野に入るほどになりました。ただ、そのままでは上場審査に通らないため、さまざまな改革を実行しています。

――どのように業績を回復させたのでしょうか。

話を聞いた当初は、業態そのものが厳しい状況。有り体に言うと斜陽産業なのではと思っていました。しかし中に入ってみると、そんなことはない。では何が問題だったのか。

実は、メイン事業である大型サイトの構築をはじめ、プロジェクト管理がうまくできていないだけでした。

そこでまず、個々のプロジェクトごとに収支管理を徹底し、問題の芽を先手先手で摘み取るとともに、利益を出しづらい案件はこちらからお断りすることにしたのです。すると、初年度から大きな利益が出るようになり、以降は毎年、過去最高益を更新し続けています。

また、買収で大きくなってきた会社ということもあり、出身母体に応じて社内が縦割りになっていました。いわゆる相互不可侵の部族連合というイメージです。そうすると、各部門の代弁者である経営メンバーに至るまで全社視点を持てておらず、またお互いに厳しいことが言いにくくなってしまう。そこも改革しました。

次ページ社内改革において重視したこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。