本当に実現した!あの「湯~園地」の舞台裏 バブルジェットコースターの乗り心地は?

拡大
縮小

ほかにもミストが吹き付けられる、「湯~覧吊り橋」で別府の絶景をのぞむなど、湯とアトラクションを同時に体感する、合計12のアトラクションがそろっていた。初日は4000人が来場。3日間で合計1万人以上の来場者を見込む。

この企画を現実するまでには、さまざまなハードルがあった。会場となった、創立88年の歴史ある「ラクテンチ」の関係者でさえ「実現は難しい」と見ていた、と長野市長は言う。実現に向かう支えとなったのは、別府のみならず、各地から集まった支援金と、ボランティアの力だ。

資金はクラウドファンディングで調達

資金は税金をいっさい投じることなく、クラウドファンディングを通じて集められた。動画の反響は大きく、2月に開始してから、2カ月後に個人や団体から、目標額の約3396万円を調達。さらに、入園券を返礼とする支援受付を4月に開始し、7月21日までに約8182万円を集めた。

湯~覧吊り橋の上でポーズを取る、長野恭紘市長(右)と、総合監修の清川進也氏(左)(筆者撮影)

「おカネが足りないことを言い訳にしたくなかった。企画競争力を高め、誰が見ても楽しいという仕掛けを作れば、資金は集められるという例を作りたかった」。税金をあえて投入しなかった理由について、長野市長はこう説明する。動画が世界でシェアされたこともあり、入園券の7割は大分県外の支援者となり、別府を知らなかった人にもアピールすることができた。

「クラウドファンディングを行うことで、他人事から自分事になる。実現の当事者を増やすことで、結果として、別府をより多くの人に知ってもらうことができ、市の活性化につながると考えています」(長野市長)

湯~園地の総合監修は11月の動画制作を監修した清川氏が引き続き関わり、斬新なエンターテインメントのアイデアを取り入れることができた。さらに、別府市で4月に行われる「別府八湯温泉まつり」や、夏の「べっぷ火の海まつり」の実行委員会のスタッフがボランティアとして参加したことで、市内の業者への連絡などがスムーズになり、イベントを迅速に実行に移すことができた。

次ページ「常設」になる可能性はあるのか?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT