蓮舫代表「都議選は辞任の1つのきっかけ」

「求心力を高める執行部を」と最後に注文

 7月27日、民進党の蓮舫代表は、定例会見で党代表を辞任すると表明した。東京都議会議員選挙の敗北は1つのきっかけだが直接の原因ではないとし、「民進党を新たな執行部に率いてもらうことが最善だと判断した」と述べた。写真は都内で昨年9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 民進党の蓮舫代表は27日午後、定例会見で、党代表を辞任すると表明し、党の執行役員会で了承されたと明らかにした。

東京都議会議員選挙の敗北は「1つのきっかけだが直接の原因ではない」とし、「より強い受け皿となる民進党を作ることが代表としてすべきことだ」と述べた。

今後は、速やかに党代表選挙に入り、現在の自民党政権に代わり得る体制を作ってもらいたいとし「求心力を高める執行部ができることを切に願う」とした。

同代表は、安倍晋三内閣に対する攻めの部分では野党としてしっかり提起できたものの、「受けの部分に力を出せなかった」と反省し、「(党執行部の)人事を行うか私が引くか。どちらが求心力を高める決断なのか、一日熟考して出した結論だ」と辞任に至った経緯を語った。

台湾との二重国籍問題については、辞任の判断には「入っていない。全く別次元の問題」と明言した。同代表は18日、日本国籍を選択したことを裏付ける戸籍謄本などの関連資料を公表した。

(宮崎亜巳)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT