競泳世界選手権、入江は4位でメダルに届かず

男子100メートル背泳ぎ決勝

 7月25日、水泳の世界選手権はブダペストで行われ、男子100メートル背泳ぎ決勝で入江陵介は53秒03の4位に終わった。同200メートルバタフライ準決勝では、瀬戸大也(写真)が全体1位で決勝進出(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

[25日 ロイター] - 水泳の世界選手権は25日、ブダペストで行われ、男子100メートル背泳ぎ決勝で、2012年ロンドン五輪銅メダリストの入江陵介は53秒03の4位に終わり、メダル獲得はならなかった。

同200メートルバタフライ準決勝では、瀬戸大也が1分54秒03で全体1位、リオデジャネイロ五輪銀メダルの坂井聖人は1分55秒57の全体7位で決勝に進んだ。

同50メートル平泳ぎ準決勝で、小関也朱篤は27秒17の11位で敗退となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT