競泳世界選手権、入江は4位でメダルに届かず

男子100メートル背泳ぎ決勝

 7月25日、水泳の世界選手権はブダペストで行われ、男子100メートル背泳ぎ決勝で入江陵介は53秒03の4位に終わった。同200メートルバタフライ準決勝では、瀬戸大也(写真)が全体1位で決勝進出(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

[25日 ロイター] - 水泳の世界選手権は25日、ブダペストで行われ、男子100メートル背泳ぎ決勝で、2012年ロンドン五輪銅メダリストの入江陵介は53秒03の4位に終わり、メダル獲得はならなかった。

同200メートルバタフライ準決勝では、瀬戸大也が1分54秒03で全体1位、リオデジャネイロ五輪銀メダルの坂井聖人は1分55秒57の全体7位で決勝に進んだ。

同50メートル平泳ぎ準決勝で、小関也朱篤は27秒17の11位で敗退となった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。