レコードプレーヤーが静かな復権 USBで懐かしの音をiPodへ


 ネット配信やCDで音楽を楽しむのが主流の今、アナログレコードプレーヤーが静かに復権している。人気の主役はUSB端子搭載機種で、レコードをパソコンやiPodなどに保存できるのが特徴。ソニーが4月発売した「PS‐LX300USB」は、発売直後から数カ月間も品切れするほどで「オーディオ製品では久々の大ヒット」(ソニー)。これを呼び水に、今まで知名度の低かったDJ機器メーカーの同様の製品も好調な売れ行きだという。

従来から似た製品はあったが、音楽編集やパソコンの知識が必要なセミプロ向けが中心で高価格。一方、ソニー製は2万7000円と手頃な価格がウリだ。高級機種と違い、ソニー製は低コストなアルミ合金のため「マニアには少し物足りない音質かもしれない」(ソニー)。だが、付属ソフトを使えばレコード特有のノイズを残して録音できるなど、自分好みの音が簡単に作れる。価格と機能の手軽さが、レコードコレクションを眠らせていたシニア層に受けた。発売時には初回生産量を大きく上回る予約が殺到した。

ソニー製は今も品薄で、店頭に「待望の再入荷」のPOPが張られる。競合品ではiPodを直接接続できる機種や、1万円以下の商品も人気。今夏は懐かしの音を楽しむシニアが増えそうだ。

(杉本りうこ =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT