「こまち」はコメじゃない!人名の列車名10選

ヨーロッパには多いが日本は意外に少ない

9)SL「大樹」<徳川家康、徳川幕府の将軍の別称、尊称>
(東武鬼怒川線)
鬼怒川温泉駅を発車するSL「大樹」(筆者撮影)

2017年8月10日より運転を開始する東武鉄道の新しいSL列車。「大樹」とは、日光東照宮に祀(まつ)られている徳川家康をはじめとする将軍の別称・尊称を意味する。もっとも、東京スカイツリーをも意味するようで、純粋に人名とはいえない部分もあるので、最後のほうの紹介としておいた。

10)廃止となった人名列車

日本では数少ない「人名列車」。過去に存在したものとしては特急「シーボルト」(佐世保―長崎)がある。シーボルトとは長崎に滞在した医師の名前で、良い愛称かと思ったのだが、同じ区間を走る快速列車よりも割高であることが嫌われたのか、空席が目立ち、あえなく廃止となってしまった。

もうひとつは新下関と仙崎を結んでいた観光列車「みすゞ潮彩」。仙崎出身の童謡詩人金子みすゞに因んだ列車で、駅や駅弁には金子みすゞのイラストが描かれていた。観光列車の区間を仙崎ではなく、萩まで延ばすことで列車名を変更することになり、「みすゞ」の愛称は過去のものとなってしまった。

ヨーロッパにはたくさんある!

アレグロ・ヨハン・シュトラウス号の車内で配布していた列車時刻表(筆者撮影)

ヨーロッパには数多くの人名列車が走っている。筆者が乗った思い出深い列車としては、「モーツァルト号」(ウィーン―パリ)、「ヨハン・セバスチャン・バッハ号」(フランクフルト―ライプツィヒ)、「アレグロ・ヨハン・シュトラウス号」(ヴェネツィア―ウィーン)などがある。

愛称を付けない高速列車の台頭で味わい深い列車名は過去のものとなってしまったが、それでも最新の時刻表をひもとくと、ベルリン―プラハ―ウィーンといったルートでは「アントニン・ドヴォルザーク号」「フランツ・シューベルト号」など数多くの人名列車を見つけることができる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。