日本株の「今年の天井」はいったい何月なのか

米経済悲観論は過剰でも2つのリスクに注意

そもそも、債券再投資の縮小を行なう前の現時点で、米国のマネタリーベース(連銀が供給した資金量を測る指標)は、若干ながら縮小し始めている。前年比でみると、2016年3月から現在に至るまで、毎月すべてマイナスだ。連銀が少しでも資金を吸い上げれば、米国経済が膝を折り、世界の株価が暴落するのであれば、とっくにそうなっているはずだ。

一方で、経済全体の資金量を測る指標の一つであるM2は、QE3(量的金融緩和第3弾)実施時も、QE3の終了後も、前年比が概ね7%前後で安定推移している。これは、QEとして連銀が銀行に流し込んだ資金が、連銀の金融政策の変化にかかわらず、貸し出しとして安定した伸びで経済全体に出回っているからだ。この背景には、景気が安定的に拡大しているため、家計や企業の資金需要が安定して伸びているという要因がある。M2に変調が生じなければ、経済に対する悪影響も想定しにくい。

「長期金利低迷」はどう解釈するのが正しいのか?

先週は、注目された6月分のISM製造業景況指数、同非製造業景況指数、非農業部門雇用者数などが強かったため、いたずらな景気悲観論はいったん声を潜めているのかもしれない。また、景気悲観論者は、少し前まで、「私の主張する、米国経済の悪化予想は正しい、なぜなら長期金利が全く上昇しておらず、これは債券市場の投資家たちが、先行きの米国経済の悪化を正しく予想しているからだ」と、大声で唱えていた。これも、6月は2.15%まで下押しした米10年国債利回りが、2.4%までジワリと上昇していることで、かなり旗色が悪くなっているのではないだろうか。

そもそも、10年国債利回りの低迷は、債券の投資家が米経済の悪化を予想していたためだろうか。名目の国債利回りは、実質経済見通しに即した部分(インフレ連動債利回り)と、物価見通しに沿った部分(インフレ連動債利回りと10年国債利回りの差、期待インフレ率とほぼみなしてよい)に分解できる。

今年の両者の動きをみると、インフレ連動債利回りは概ね横ばいで推移しており、債券の投資家は、総体として、米国の実質経済成長力が低下するとは、全く考えていなかったと言える。10年国債利回りの低下は、主として期待インフレの後退によってもたらされたもので、しかも投資家がデフレになると思っているわけでもなく、2%程度の物価上昇だと考えていたものが、今では1.7%程度だと見込んでいるだけに過ぎない。

次ページとはいえ、米国経済・市場のリスクは高い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。