インサイダー取引でサンエー社長が辞任

インサイダー取引でサンエー社長が辞任

アパレル大手サンエー・インターナショナルの三宅正彦社長がインサイダー取引問題の責任を取って辞任した。三宅氏は一昨年4月、3カ月後に公募増資を実施予定であることを知りながら、ストックオプションで得た自社株を売却した疑いで、証券取引等監視委員会から課徴金納付命令の勧告を受けた。

サンエーは駅ビルなどに展開する「ナチュラルビューティーベーシック」など若い女性向けの人気ブランドで急成長。ところが、昨年から続くアパレル不振を受け、今年8月期も業績を下方修正。2期連続の減益となる見通しだ。4月の中間決算説明会で三宅氏は「厳しいときこそ積極的に仕掛けたい」など強気な発言で、何とか現場を盛り立てようという意志を示した。しかし、その社員の士気に水を差す結果となった。

三宅社長退任後は、その甥に当たる三宅孝彦副社長が代表権を持つが、社長は11月の株主総会まで空席のまま。トップ不在の下、この苦境をどう乗り越えるのか。真の現場力が問われている。

(堀越千代 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。