インサイダー取引でサンエー社長が辞任

インサイダー取引でサンエー社長が辞任

アパレル大手サンエー・インターナショナルの三宅正彦社長がインサイダー取引問題の責任を取って辞任した。三宅氏は一昨年4月、3カ月後に公募増資を実施予定であることを知りながら、ストックオプションで得た自社株を売却した疑いで、証券取引等監視委員会から課徴金納付命令の勧告を受けた。

サンエーは駅ビルなどに展開する「ナチュラルビューティーベーシック」など若い女性向けの人気ブランドで急成長。ところが、昨年から続くアパレル不振を受け、今年8月期も業績を下方修正。2期連続の減益となる見通しだ。4月の中間決算説明会で三宅氏は「厳しいときこそ積極的に仕掛けたい」など強気な発言で、何とか現場を盛り立てようという意志を示した。しかし、その社員の士気に水を差す結果となった。

三宅社長退任後は、その甥に当たる三宅孝彦副社長が代表権を持つが、社長は11月の株主総会まで空席のまま。トップ不在の下、この苦境をどう乗り越えるのか。真の現場力が問われている。

(堀越千代 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT