「10代の55%」が18歳までに性交渉という現実

避妊法の利用増え、妊娠・出生率は低下続く

6月22日、米疾病管理予防センター(CDC)の調査が公表され、米国の十代の若者の半数以上が18歳までに性交渉を経験するが、避妊法の利用が増えているため妊娠・出産率は低下傾向が続いていることが明らかになった。写真は2014年9月撮影(2017年 ロイター/Tami Chappell)

[22日 ロイター] - 米疾病管理予防センター(CDC)の調査が22日公表され、米国の十代の若者の半数以上が18歳までに性交渉を経験するが、避妊法の利用が増えているため妊娠・出生率は低下傾向が続いていることが明らかになった。

CDCの国立衛生統計センター(NCHS)が15歳から19歳の4000人以上を対象に2011─2015年に調査を行った。

その結果、55%が18歳までに性交渉を経験し、その大半が、コンドームなど何らかの避妊方法を用いていた。初体験時にも約80%が避妊していた。

出生率は、1991年には女性1000人あたり62人が出産したのに対し、2015年には1000人あたり22人に減った。

同調査報告を執筆したNCHSのジョイス・アブマ氏によれば、十代の妊娠率は1990年がピークで、それ以降50%以上低下している。また同氏は、十代の性的行動は2002年頃まで急速な減少がみられ、その後はゆるやかな減少が続いている一方、避妊の利用は着実に増えていると電話インタビューで述べた。

調査によると、15歳から19歳の男性で性交渉経験ありは約44%で、1988年の60%から減少した。女性は同42%で、88年の51%から減っている。

十代の妊娠を防ぐ運動を推進している非営利団体のスポークスマンは、十代の若者は、多くの親が考えるよりも性交渉について責任を持っている、と指摘した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。