冷蔵庫の「2大潮流」を牽引する新世代製品5選

様々なニーズに応じた「新機能」を搭載

少人数世帯向けハイデザインモデル その1

引っ越しても安心の「どっちもドア」採用

シャープ SJ-GD14C(137Lモデル)

実売価格4万6490円

シャープでは300Lクラスから400Lクラスで左開きと右開きのどちらにも対応する「どっちもドア」を採用している。が、こちらのモデルはマイナスドライバー1本でユーザーが自らドアの開閉方向を変えられる「つけかえどっちもドア」対応の容量137Lの小型冷蔵庫だ。転居時に冷蔵庫の配置が変わっても安心して使えるのがうれしい。

一人暮らし向けのコンパクトモデルながら、ドアにはガラストップを採用し、ハンドル形状の細部にまでこだわっている。カラーはピュアブラック、メタリックベージュ、クリアホワイトの3色を用意している。

左側が「SJ-GD14C」
スクエアな形状とガラスドアを採用
シンプルなハンドル計上など、細部にもこだわった作りになっている
次ページスタイリッシュなステンレスドアを採用
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。