トヨタ株主総会、章男社長が涙を見せたワケ

株主の心配は短期業績よりも中長期の競争力

多くの質問が中長期のトヨタの競争力に関するものだった(記者撮影)

 トヨタに変革を迫るのは異業種の参入だ。

豊田社長は「かつて自動車メーカーの競争は1000万台の年間販売をどこが一番に達成するかだった。だが、今では独フォルクスワーゲン、米ゼネラルモーターズ(GM)、そしてトヨタも1000万台を達成した。1000万台を越えた後のペースメーカーは台数ではない」と語った。

その理由について、「今はライバルが増えている。(米国の電気自動車ベンチャーの)テスラや中国の自動車ベンチャー、さらにはグーグルやアップル、アマゾンなどの異業種も参入してきた。自動車の歴史をみると、過去はGMがずっと世界ナンバーワンでトヨタは存在していなかった。だが、今まさに80年前と同じことが起きている。ライバルはかつてのトヨタと同じかもしれない。競争相手やルールが大きく変わろうとしている」と危機感をあらわにした。

「世の中を良くしたい、情熱で誰にも負けない」

トヨタは今年創業80周年を迎える。トヨタのルーツは自動織機であり、「自動織機が車を作るとは当時だれも予想していなかった」(豊田社長)。だが、当時ベンチャーだったトヨタも今や1000万台を越える巨大企業になり、世界で業界トップ級に成長。逆に追われる立場に変わった。

 豊田社長はライバルに負けない姿勢も強調した。

「新たなライバルに共通するのは『世の中をもっと良くしたい』というベンチャー精神だ」と分析したうえで、「かつての私たちもそうであったように、どの業態が未来のモビリティを担うかわからない。ただ間違いなく言えるのは、次のモビリティを担うのに、世の中を良くしたいという情熱に勝るものはない。そういう意味でトヨタは誰にも負けない」と力説。

「自分たちの等身大の姿を真正面から見据え、徹底的に競争力を磨く。それは数値だけではない。いつの時代も未来を切り開くのは『世の中をもっと良くしたい』という情熱を持った人材だ。目には見えないが人材育成こそが勝敗を分ける」と話した。

次ページライバルとの協調も模索
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT