長寿ヒット「グラブル」生んだゲーム会社の妙

サイバーエージェントの「親孝行子会社」とは

加えて6月にはサイゲームスとして初の海外現地法人を韓国に設立。韓国のゲーム市場は現状、日本の半分ほどの規模しかない。ただ世界でも「eスポーツ(ゲームの対戦競技)」の普及が進んでいる国の一つで、盛り上がりが期待できる。これまでのように、日本で展開する既存ゲームを翻訳して配信するだけでなく、市場調査を基に現地化したサービス展開を進める方針だ。

海外展開を考慮した緻密な工夫

ゲームに対する好みや消費のされ方は、各国でかなり異なっている。『シャドウバース』は開発段階からそうした好みの違いを考慮し、ゲームの機能をシンプルにした。

世界150カ国以上で展開しているゲーム『シャドウバース』(© Cygames, Inc.)

たとえば、細かな好みの違いに対応していてはキリがないので、ストーリーを細かく枝分かれさせない。アプリの頻繁な更新は海外で好まれないため、頻度を減らす。時差があるため、ユーザー同士がチームを組んで戦う機能を省く。こうした海外展開を前提とした工夫を盛り込んでいる。

中長期で、売り上げや利益に占める海外比率の目標はあるのか。木村常務は「そういう比率を考えていると、ヒットは生まれない」と断言する。「今後海外に力を入れていくのは確かだが、目先の数字を追うと拙速な展開になってしまう。きちんと現地に受け入れられるよう、1本1本いいものを作るのみだ」(同)。

海外で大成功を収めた日本発のスマホゲームは、あまり例がない。あえて明確な目標を定めないサイゲームス流は、海外でも通用するだろうか。勝負はこれからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。