鉄道事業を営む206社の平均年収ランキング

高収益のJR東海は9位。1位はどこだ?

まず、JR各社を見てみよう。1位はJR東海(東海旅客鉄道)の763万円。2位はJR東日本(東日本旅客鉄道)の704万円だ。年収が700万円を超えるのはこの2社だけ。3位のJR西日本(西日本旅客鉄道)は661万円。以下、4位JR九州(九州旅客鉄道)582万円、5位JR四国(四国旅客鉄道)542万円、6位JR貨物(日本貨物鉄道)534万円、7位JR北海道(北海道旅客鉄道)532万円と続く。

鉄道事業者全体で見てもJR東海は9位、JR東日本は21位と高順位である。6カ月を超える賞与もトップクラスだ。

JR北海道は一連の不祥事が起きる前、たとえば2008年度時点の平均年収は581万円だった。これは当時JR貨物を上回り、JR四国の同585万円に迫る水準だった。2013年度でもJR貨物を上回っていたが、今回はJR最下位になった。とはいえ、冒頭の国税庁調査では、北海道の民間企業で働く人の平均年収は356万円にとどまる。JR北海道は道内では高給企業の部類に入る。

大手私鉄1位は阪急

続いて大手私鉄。1位は阪急電鉄の825万円。鉄道事業社全体でも3位にランクされる。一方で、同じ阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道は633万円と200万円近い開きがある。2位は東京急行電鉄の770万円。これもJR東海を上回る金額だ。3位は京王電鉄の749万円である。

ちなみに2013年度版のランキングでは、1位阪急、2位京王、3位東急という順だった。つまり東急が京王を抜いて2位に躍り出たという構図だ。京王の平均年収は757万円から749万円に下がり、東急は751万円から770万円に上がった。

大手私鉄の最低額は西日本鉄道の547万円。エリアを同じくするJR九州をも下回る。とはいえ、西鉄の平均年収はJR最下位のJR北海道よりも高い。ということは、大手私鉄の平均年収は総じてJRを上回るレベルにあるといえる。

次ページ三セクのランキングは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT