グーグルが生んだ「自動運転車」に乗ってみた

黎明期から開発にかかわるエンジニアを直撃

自動運転技術を磨いた先に目指すものとは、何なのか。「われわれは車自体を造るわけではない。これまでのプロトタイプはすべて実験のためだった。さまざまな車に適用できる自動運転技術を作り上げ、(自動車メーカーなど)パートナーと協力し、マスマーケットに出て行きたい」とチャタム氏は説明する。

試験走行だけを続けていても、本格的な事業化には近づけない。この4月、ウェイモはアリゾナ州フェニックスで、自動運転車を活用した試験的なタクシーサービスへの参加受付を始めた。一般の市民に広く利用してもらうのは初めての試みとなる。

一般市民は自動運転をどう使うのか

フェニックスの住民は世帯単位で申し込み、審査を通過すると、通勤や通学、買い物などに利用できるようになる。ウェイモのドライバーが安全確保のために同乗する。参加者には自動運転の利用体験をフィードバックすることが義務づけられる。サービス開始に合わせて、パシフィカの自動運転車を現状の100台から600台へと増やす。

一般向けサービスに踏み切れた理由としてチャタム氏は「ディスエンゲージメント比率をはじめとする、社内のさまざま定量的基準が改善したことが大きい」とする。「一般の人の反応は非常に重要。(自動運転車が)居心地がよく、信頼に足る場所になりうるのかを見極めたい」(同)。

5月には米国の配車サービス大手、リフトとの提携も発表。リフトも自動運転を活用したサービスを実験中だ。ウェイモとしては、タクシーサービスの提供地域拡大などを狙ったものと見られている。

この半年間、多くのニュースで自動車業界を騒がせてきたウェイモ。Xからの分社化はその予告だったといえる。グーグルの社内プロジェクトだった頃は、「研究開発ばかりで実用化の道筋が見えない」との声も挙がっていた。そんな憶測を吹き飛ばすかのように、ウェイモは事業化に向け加速を続けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。