グーグルが生んだ「自動運転車」に乗ってみた

黎明期から開発にかかわるエンジニアを直撃

蓄積されたデータをもとに自動運転に必要なアルゴリズムを洗練させてきたソフトウエアの開発チームは、こう思うようになった。「ソフトウエアの機能を最大限に発揮させるためには、より高度なハードウエアが必要だ」。

昨年12月、欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が製造・販売するミニバン「クライスラー・パシフィカ」をベースにした自動運転車を発表した。ウェイモが強調したのは、走行中に周囲の状況を把握する「LIDAR(ライダー)」と呼ばれるレーザースキャナーなど、センサー技術を向上させたことだ。

「過去には他社が手掛けるセンサーを使っていたこともあったが、機能や要件がわれわれの求めるものではなかった。だから自社開発を始めた」とチャタム氏は振り返る。そのためにウェイモは、グーグルに多いソフトウエアの技術者だけでなく、ロボティクスや機械工学の専門家を自動車メーカーやNASA(米航空宇宙局)などから引き込んできた。

”ぐるぐる回る”センサーが最も重要

パシフィカに搭載されているライダーは3つの種類に分けられる。車の屋根に取り付けられた黒いドームの中に、360度の周囲を認識するものと、遠く離れた先までを認識するものが入っている。車の四隅や前後に取り付けられているのは、屋根のライダーの死角となる至近距離のものを認識するライダーだ。中に入っているセンサーがぐるぐると回っている。

ぐるぐると回るのが「ライダー」と呼ばれるセンサーの一種だ(記者撮影)

ソフトとハードを実際の車に組み込む上では、製造元の協力が必要だった。システムの指示を、ステアリングやアクセル、ブレーキといった制御装置にスムーズに伝えるための調整作業は、「FCAとの共同作業が欠かせなかった」(チャタム氏)。以前のプリウスやレクサスRXの試作車の開発は自力だったため、「パシフィカに比べればかなり荒削りだった」(同)。

ウェイモは昨年末、日本のホンダと自動運転の共同研究に向けた検討を始めたと発表した。あくまで「検討の開始」であり、まだ具体的な内容は明らかになっていない。チャタム氏も「彼らとは協議を続けているが、まだアナウンスできるものはない」と述べるのみだ。

次ページついに一般市民も乗れるように
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。