米ファニーメイ、公的資金完済へ前進

米住宅市場回復で、ローン滞納現象や住宅価格上昇

8月8日、米ファニーメイが発表した第2・四半期決算は、利益が約2倍となった。写真はワシントンの同金庫。2008年9月撮影(2013年 ロイター/Jason Reed)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)が8日発表した第2・四半期決算は、利益が約2倍となった。住宅市場の回復によるローン滞納減少や住宅価格上昇が追い風となった。

利益は101億ドルと、前年同期の51億ドルから97%増加した。

また同社は2008年の金融危機時に受けた公的支援の返済に向け、9月に財務省に対し102億ドルの配当支払いを実施すると明らかにした。

102億ドルの支払いを含めると、これまで受けた救済資金1171億ドルのうち1050億ドル程度の返済が完了するとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT