日経平均は後場崩れ200円超の下落 一時1万4000円回復も先物主導で下げに転じる

拡大
縮小

33業種中31業種が値下がり

業種別に見ると、東証33業種で値上がりは非鉄金属と石油・石炭製品の2業種のみ。31業種が値下がりした。騰落率ワーストはゴム製品のマイナス3.88%で、以下、建設、情報・通信と続いた。東証1部の値上がり銘柄数は300(全体の17.1%)、値下がり銘柄数は1341(同76.5%)、112銘柄が変わらずだった。

個別に見ると、好業績を好感してネクスト、マーベラスがストップ高。バリューコマースも株式分割と増配を材料に買われた。一方、決算内容が思わしくなかった住友ゴムやTHKなどが値下がり。ファーストリテイリング、ソフトバンクも後場に入って下げに転じた。

手掛かりに乏しく、商いが細る中、相場は為替や先物の動きに大きく左右される展開となっている。日銀金融政策決定会合では、金融政策は現状維持との結果となったが、その後の黒田総裁の記者会見を為替市場がどう受け止めるか。個別物色の動きが強まっているため、引き続き企業決算も注目ポイントだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT