日経平均は5日ぶり1万4000円割れ

米株安、円高嫌い先物主導で大幅反落

7日の東京株式市場は大幅に反落した。日経平均株価は前日比576円12銭安の1万3824円94銭で、7月31日以来の1万4000円割れとなった。今年に入ってからは、5月23日の1143円安、6月13日の843円安、5月30日の737円安に続く、4番目の下げ幅だった。TOPIXも38.4ポイント下げて1155.26で引けた。東証1部の出来高は概算で24億2251万株、売買代金は2兆1300億円。

要人の出口発言嫌いNYダウ続落

6日の米国市場ではNYダウが続落して前日比93ドル39セント安の1万5518ドル74セント、ナスダック総合指数も6営業日ぶりに反落して27.18ポイント安の3665.77で終えた。シカゴ連銀のエバンス総裁などハト派も含めた地区連銀総裁が量的緩和の早期縮小に相次いで言及したことが売り材料となった。また、個別株ではIBM株の下落が響いた。

朝方の外国証券経由の売買注文は、売りが1110万株、買いが1370万株で差し引き260万株の買い越しだった。

本日の東京市場では、前日の米株安を受けて、前場から下げて始まった。円相場が1ドル=97円と急伸したことから輸出株の下げが大きかったが、幅広い銘柄が売られた。昼のバスケット取引は約154億円が成立。「やや売り決め優勢」と伝えられた。

次ページ円高進行で大幅安
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT