「平野レミ」を姑に持った妻から見える光景

料理へのこだわりは、やはり尋常ではない

明日香さんがレミさんから最初に教わったのは、食材に対する、こだわり。あの大女優・吉永小百合さんが和田家を訪れたときのこと。レミさんは、おいしい肉料理を出そうと買い物に出かけた。だが、高級な肉を買いに行ったはずが、ふらりと立ち寄った鮮魚店に旬のアジを見つけて、即座に方針転換。小百合さんも「おいしい」と大喜びしてくれたという。

「高いとか良いものより、そのときの旬のもの、美味しそうなものを自分の感じで買うのが大事なんだ、と教わりました」(明日香さん)

平野レミに手料理!?緊張の母の日サプライズ!

5月14日、「母の日」を前にしたこの日、明日香さんはある計画を進めていた。姑のレミさんに、ちょっぴり早い「母の日サプライズ」。これまで、たくさんの人に料理を作り幸せを与え続けてきたレミさんに、今日は自分が料理を作ってもてなしたい、という。

そんな嫁の思いも知らず、お昼ちょうどにレミさんが到着。

「あれ? なんだっていうの? カメラいっぱいじゃない、どうしちゃったの? あーちゃん、どうしちゃったのよ」(レミさん)

着くなり早々、レミ節が炸裂。その時、レミさん、テーブルにそっと飾られるカーネーションに気付いた。

「何これ? 何これ? 何これ? おしゃれ! あ、母の日だ! カーネーション!あら、素敵! シャレたことしてくれるね~! 泣けてくるじゃないの!」(レミさん)

レミさん、ようやく事態を理解したご様子。

「母の日だから、いろいろとおもてなしをしようと思って」(明日香さん)

「よかった、私、お腹減ってるからね、今12時頃でしょ? 空腹がいちばんの調味料!いま食べたら何だっておいしい」(レミさん)

しかし、ただでさえ、嫁が姑に料理を出すのは緊張するもの。結婚当初は「レミさんだけには料理を作りたくない」と思っていたらしい。

それには、こんな理由がある。家族そろって中華料理店に行った時のことだ。みんなが「おいしい」「おいしい」と舌鼓を打つなか、レミさんだけが。

「あら? あら? あらあらあら? 少し塩辛い。塩辛いわよね。ねえ、ちょっとあなた!」(レミさん)

店員を呼び寄せると・・・・・・

「このお料理、ちょっと塩が効きすぎてるみたい。シェフに伝えてよ」と言ったのだ。

「レミさんの舌はプロなので、並大抵のものじゃ満足させられない」(明日香さん)

そんな厳しい舌を持つレミさんに、今回、明日香さんが作った「母の日サプライズメニュー」の1品目は、「ほうれん草のゴマ和え」。実はこの料理には、忘れられない思い出があるという。

今でこそ「食育インストラクター」として活躍する明日香さんだが、夫・率さんと付き合い出した当初は、ほとんど料理をしたことがなかった。明日香さんは、ある日思い切って告白した。

「レミさん、私、料理がまったくできないんです」(明日香さん)

それに対するレミさんの反応は?

次ページ「大丈夫、私が教えてあげる!」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。