「平野レミ」を姑に持った妻から見える光景

料理へのこだわりは、やはり尋常ではない

この和田家秘伝の味に対するレミさんの評価は?

「おいしい! ジャコ、大好き」(レミさん)

「何が入っているかというと、うちでダメになりそうだった食材が入ってる。うちの冷蔵庫、キレイになりました」(明日香さん)

「廃棄利用ですって! ひどい嫁でしょう」(レミさん)

最初は料理ができなかった明日香さんの腕もメキメキ上達

なんて憎まれ口をたたきながら、レミさんは嬉しそうだ。レミさんも、この料理を母親から教わった。

「お母さんはいり豆腐の中にいろんなものを細かく切って入れてた。親から代々、また孫から曾孫に。料理のDNAだね」(レミさん)

3品目は、「風邪の時にレミさんが作ってくれた料理」。コメの中に豚肉の薄切りと、ニンニク2株を丸ごと投入。ニンニクがほくほくになるまで煮込めば、もう完成だ。

「相当ニンニクですね。一口食べたら、もう体がポカポカしてきます」(明日香さん)

明日香さんは、レミさん直伝のおかゆに加えて、香菜しょうゆなど3種の薬味を用意した。

「中華のおかゆ屋さんに行くと、いろいろ小鉢にのっかって楽しいじゃない。ちょっとずつ味を変えて」(明日香さん)

でも、どうしても“おかゆの味”は変えられない。

「完璧だから。いろいろ入れたりするのも絶対違う」(明日香さん)

はたしてレミさんの評価は?

「おいしい、おいしいね。これはいつ食べてもおいしいね。楽しいね、こういうのね。あ~、美味しかった。幸せだな~」(レミさん)

大満足のレミさんだったが、明日香さんは、とっておきのサプライズを用意していた。

嫁が用意した本当のサプライズは、〇〇のお弁当!

「私のこれまでの料理は前座」と言いながら出してきたのは、ひとつのお弁当。作ったのは明日香さん……ではなく、夫の率さん??

「これが、私が本当に母の日にしたかったもの。率さんのお弁当」(明日香さん)

「えっ、率ちゃんが作ったの? うちの息子が? 息子が包丁持ってる姿なんか1度も見たことない」(レミさん)

でも、明日香さんはなぜ、このサプライズをしたかったのか?

「母の日」にレミさんへの感謝を伝えた嫁・明日香さんだった。TBSテレビ「結婚したら人生激変!○○の妻たち」次回は5月15日よる7時から放送です

「率さんの今があるのは、お義母さんの毎日の弁当の結果じゃないですか。育児大成功だよ、お義母さんっていうのを、母の日なので伝えられたらすてきだなって」(明日香さん)

実は、率さん、娘のために毎日弁当を作っているという。今回の母の日弁当も、チキンの皮はヨーグルトに漬けてやわらかくし、インゲンとレンコンとナス、ピーマン、明太子と彩りも鮮やか。

「おいしいよ。私が作るのと同じ味よ。面白いね~。これはもうDNAだね」(レミさん)

そんな姑に嫁が言う。

「もういつ死んでも大丈夫ですよ、お義母さん」(明日香さん)

「殺さないでよ。まだ、生きるよ、私。私、死なないと思うな、ず~っと。入れ歯もなくてさ。歯見て、私の歯、きれいでしょ。歯痛くなったことないんだもん」(レミさん)

気がつけば、物言いも似てきた嫁と姑であった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。