国内最大の民間投資家が「ESG」に本気なワケ

日本生命が最大2000億円の追加投資を決定

「クレジット(信用力)分析+ESGという観点から投資していく。環境といったテーマ別の債券投資だけでなく、ファンドを通じた投資も行う」(藤掛寛・クレジット投資部課長)

今回、日生はなぜ債券を中心にESG投資を行うのか。それは同社の国内株式保有がもともと多いことに加え、ESG株式投資が債券より難しいからだ。株式投資の場合は、ESGの評価・点数の高い企業に投資をすれば儲かるわけではない。機関投資家は同じような指標を見ており、特定の銘柄だけに投資が集中してしまう懸念がある。

ESG株式投資について、山本朋弥・財務企画部課長は「収益性を考えれば分散投資が必要であり、ESGをどう実務に落とし込んでいくかが重要」と課題を述べる。こうした点を踏まえて、今後も研究を進めていくという。

ただ債券投資とはいっても、たとえば社債となれば個別企業への評価が必要になる。アクサIMはESG投資に実績があり、ESG調査のために16人の専任者を置く。今回、日生がアクサIMと提携したのはその評価手法を学ぶ狙いもある。

ESG投資にはまだ確立された手法はない。そのような中で、アクサIMはどのような基準でESG投資を行っているのか。今回の日生との提携にあたって、アクサIMの責任投資最高責任者、マット・クリスチャンセン氏に聞いた。

独自のスコアリングで評価

ーーESGの評価はどういう手法を使っているのか。

マット・クリスチャンセン/欧州の社会的責任投資フォーラム(EUROSIF)の創設役員などを経て、2011年アクサ・インベストメント・マネージャーズ入社。ESG基準の統合を指揮、実行や監督も行う(撮影:今井康一)

スコアリングでは、企業と国それぞれに関するESG情報の枠組みがある。企業については、重要な要素を取り上げ情報を得て、分析を行っている。そして各項目についてスコアリングしている。

具体的には当該企業に関するデータを集め、整理し、 それぞれの項目について0から10までの点数をつけ、格付けする。外部のESG調査機関の情報も活用するが、自社の調査部門でも情報を集め、ESGの属性、業種などの特性も評価する。業種ごとに専門の担当者がいる。独自の定量的なスコアリングと定性的調査・分析を行っている。

ESGそれぞれの重要性は業種ごとに違う。たとえば、金融機関の場合は、ガバナンスがより重要視される。エネルギーの企業は環境がより重要視される。それぞれのセクター別にESGの分類・項目ごとに重要度を考えて、重みづけをしている。

次ページ絶対に投資しない分野とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT