岡田准一が敬服する「降旗&木村」の深い魅力

高倉健作品手掛けた名コンビが「追憶」で復活

公開中の「追憶」。主演を岡田准一が務めているが、高倉健主演作品を数多く手掛けてきた降旗康男監督&木村大作キャメラマンの9年ぶりのタッグにも話題が集まる (c)2017映画「追憶」製作委員会

映画『追憶』が公開中だ。25年ぶりの再会を果たした幼なじみの3人。ただ、それは殺人事件の被害者、容疑者、そして刑事という形での再会だった――。先が読めないサスペンスドラマだが、富山県の漁港を舞台に、それぞれが歩んできた人生を紡ぎ出す骨太な人間ドラマでもある。

岡田准一主演のサスペンスドラマ

主演は『図書館戦争』『永遠の0』『海賊とよばれた男』といったヒット作に携わり、いまや映画界にとって欠かせない存在となっている岡田准一。再会する2人の幼なじみ役を小栗旬、柄本佑の両名が務める。さらに長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆といった、実力派俳優陣が脇を固めている。

彼らがこの作品の出演を決断したのは、ストーリーだけではない。『鉄道員(ぽっぽや)』『あ・うん』『駅 STATION』など数々の名作を世に送り出した、降旗康男監督&木村大作キャメラマンという、黄金コンビによる作品というのが大きい。

9年ぶりにタッグを組んだ両氏の作品に参加したことは、とても特別な体験だったようで、4月に行われた完成報告会見では、主演の岡田准一が「名監督の降旗監督と、名キャメラマンの木村大作さんとどう向き合っていけるのか、すごく考え、悩んだ作品。この映画に参加できた喜びをかみ締めている最中です」とコメント。小栗旬も「現場にいられるだけでしあわせだなと思えた」と続けるなど、誰もが二人の作品に参加できたことに誇らしげな顔を見せていたのが印象的だった。

次ページ俳優陣が出演を熱望する理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT