これからは「60代で現役引退」は論外になる

問題は「高齢者の資産をどう活用するか」だ

圓歌師匠が、「年寄りが佃煮にするほどいる」と言うと客席はどっと沸く。「朝、6人でまるーく卓を囲んでお茶を飲んでいる。遠くから見るとまるで恐山だよ」――それって遠からず、この国に生じる事態ではあるまいか。

母親たちが朝、散歩していた。そこへトラックがやってきて轢かれそうになった。江戸っ子と思しき運転手が「ぼやぼやしてると轢き殺すぞ」と怒鳴る。すると母親がやり返す。「笑わせるんじゃねえ。昔は人が車を引いていた」――いいねえ、この時代感覚。

ある日、母親が圓歌師匠に向かって「親孝行してもらったから、子孝行して死んで行くよ」と告げる。翌朝、弟子が起こしに行ったら、母は蒲団の中で息を引き取っていた。病院の世話も、下の始末も一切なしにあの世に行ってくれた。まことに「子孝行」であった。

そしてこんな狂歌が噺の「下げ」となる。

年老いて 万事枯れゆく 昨日きょう むさくるしさに なるまいぞゆめ

ジェロントロジーは一段と重要性を増す研究分野に

昨今の寄席は、お客の大多数が高齢者である。圓歌師匠が年寄りイジメのようなネタを振ると、客席が爆笑で応える。なにせ言ってる本人が80代なのだから、寄席の空気はとても暖かい。この国に落語があって良かったなと思う瞬間である。

最近になって、「ジェロントロジー」という言葉があることを教わった。要は「老年学」ということで、長寿化、高齢化が進むと社会経済にどんなことが必要になるかを研究する学問である。なんと慶応大学経済学部には、「フィナンシャル・ジェロントロジー研究センター」なるものもできている 。今後、一段と重要性を増す研究分野であろう。

人類の歴史において、かつて平均寿命は非常に短かった。ローマ時代には、生まれてくる子どもの半分以上が10歳未満で死亡していたというデータが残っている。若年死亡率が低下して、平均寿命が急速に延びるようになったのは、せいぜい産業革命が始まった18世紀中盤以降である。

次ページ「60代で引退」は今後「論外」に?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT