トランプ通商政策、「軟化姿勢」見せるワケ

強硬路線は鳴りを潜めた?

米国政府はTPP(環太平洋経済連携協定)の代わりに2国間自由貿易協定を求めており、日本は失うものが多い交渉になると警戒している。マイク・ペンス副大統領が麻生太郎副総理との経済対話で「交渉は将来の課題」と述べ、日本側は胸をなで下ろした。

ただし「ハードな保護主義路線が後退すると考えるのはまだ早い」と、ブルッキングス研究所のミレヤ・ソリス日本部長は言う。

攻撃的な通商政策を遅らせている理由

保守系のアメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のデレク・シザース氏によると、トランプ政権が攻撃的な通商政策を遅らせている理由は2つある。第1にオバマケア改廃や減税のほうが重要だから。そして通商関係の政権内人事が終わっていないからだ。

だが、来年は中間選挙がある。労働者の不満が依然として高ければ、トランプ大統領は選挙運動で言っていたことを行動に移す必要に迫られる、と同氏は言う。今、行動を伴っていないからといって、それがトランプ大統領の今後を占う試金石とはならないのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT