日系EVベンチャー、1台4000万円で売るワケ

京大発は「和製テスラ」を狙わず、高級化路線

だが、両社の目指すものはまったく異なる。

テスラが徐々に客層の裾野を広げるのとは対照的に、GLMは2車種目に販売するG4を想定価格4000万円と超高額に設定した。これは、1車種目に投入した「トミーカイラZZ」の約5倍の価格であり、テスラ「モデル3」の10倍に値する価格だ。

安く車を造ることを目的とするのであれば、大手の自動車メーカーのように巨大な設備投資を行い、車を大量生産することでコストを下げるという戦略をとる。だが、ベンチャー企業が大手の自動車メーカーと同じ戦略をとっても、かなうはずがない。

GLMは、大手メーカーの造る車のような誰もが安心して乗れる車ではなく、車好きの人が運転を楽しむための、どこかが尖った車を造ることを使命とする。

「テスラは大手と変わらない車造りへ近づきつつある。僕たちはそこを目指していない」(藤墳技術本部長)。

GLMの車は万人受けする車ではないため、生産規模は少量にとどまる。少量生産で事業を回していくには、車の価格はプレミアムに設定せざるを得ない。

2019年の量産化に向けて開発が進められているG4は、1000台の販売を目標とする。目標通りに販売できれば、同車だけで400億円程度を売り上げることとなり、これをもって2020年度の単年度での黒字化を達成できると見込んでいる。

EVの開発請負は、もう1つの事業柱となるか

「GLM G4」にはコストダウンが進んでいない新開発の部品を多く採用する(記者撮影)

とはいえ、テスラのように量産規模の拡大を目指していないだけに、EVの販売だけで事業拡大は見込みづらい。

そこでEV販売と並ぶ事業柱への成長を期待しているのが、EVの基幹部品をパッケージ化して他社に販売し、EV開発を請け負う「プラットホーム事業」だ。

今、自動車業界では世界中でEV化の波が押し寄せている。そうした中で、「新たに自動車産業に参入しようとする中国やアジアの電気メーカーやIT企業から、毎週のようにEVを開発したいという問い合わせを受けている」(藤墳技術本部長)。

GLMはすでに安川電機やオムロン、GSユアサや三菱商事などが出資するリチウムエナジージャパンなどと部品調達の面で協力関係を築いている。EVに新規参入する企業にとっては、GLMの持つ部品メーカーとのネットワークを活用できるといううまみがある。

国内外で数多くのEVベンチャーが生まれては消えていった。GLMは稼げるEVビジネスを構築できるか。今後の飛躍は同社自らがEV開発のプラットフォームになれるかにかかっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT