仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 山本ケイイチ 著

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 山本ケイイチ 著

フィットネストレーナーの著者は、「トレーニングの原理原則」を「目的を明確にし、有効で実現可能な目標を設定。なすべきことを具体的な行動に落とし込み、持続するための仕組みをつくって実行する」と説く。まさにビジネスで成功するメソッドと同じ。

まず通いやすいクラブを選ぶ、成功者ほどマシンの使い方は静かなど入門編から食事・睡眠法まで、経験に基づき「筋肉を最強のビジネススキル」にするノウハウを披露。筋トレは精神的にタフになる、思考がポジティブになる、直観力・集中力が高まるなど、メンタル面の効果も大きいと説く。思う存分、好きなだけの20代から、効果を上げるよりケア優先の45~50歳まで年代別の方針もアドバイス。
 
幻冬舎新書 777円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。