メルカリ新社長「言い訳ナシに日本を伸ばす」

独り勝ちフリマアプリ、電撃社長交代の理由

アプリのプロモーション戦略からカスタマーサポート、法務に人事戦略まで、山田氏の右腕としてさまざまな領域を統括してきた小泉新社長(撮影:梅谷秀司)

会長とはチャットベースで会話している

――海外事業の現状は?

米国ではアプリのダウンロード数が2500万を超え、さらに拡大を続けている。また、今までかなり外注に頼っていたカスタマーサポート(CS)について、オレゴン州ポートランドに拠点を作って、ここ数カ月かけて内製化した。今後はCSからのフィードバックを直接受けられるようになるので、アプリへの反映スピードを上げられそうだ。

英国では3月にサービスを開始し、細かなチューニングを重ねているところ。ダウンロード数ランキングではショッピング系アプリで1位を獲得しており、悪くないスタートを切れている。

――山田会長はさらに海外事業に割く時間が長くなりそうですが、コミュニケーションはどうしていますか?

週に2回経営陣の会議があるのと、週1回は1対1で話をしている。そもそもオフィスにいても海外にいても、いつもチャットベースで会話をしてきたので、正直これまでの感覚とあまり変わらない。そこはネットベンチャーのいいところだと感じている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT