新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500

2017年最新版!「新卒3年後定着率」の全貌

やはり、飲食サービス企業はランクインなし

離職率の高い業種として挙げられるのが小売業や飲食サービス業。これら業種の企業は上位500社にランクインしているのか。

まず小売業では、阪急、阪神両百貨店やスーパーのイズミヤを展開するエイチ・ツー・オー リテイリング(本調査では阪急阪神百貨店のデータ)、オフィス用品配送のアスクル、長野県内唯一の百貨店を運営するながの東急百貨店の3社が定着率100%の118社に名を連ねた。ただ119位以下となると、新潟が地盤のスーパー原新とナルスが統合して誕生したアクシアル リテイリング(360位)、カタログ・ネット通販の千趣会(385位)の2社のみ。飲食サービス業の企業はゼロだ。

ここまで、「CSR企業総覧」データによるランキングをベースに、新入社員の3年定着率を見てきた。業種ごと、企業規模ごとではもちろんのこと、同じ業種や同じ企業規模でも個別企業によって大きな違いが見られる。

ここには、数字ではわからない要素が多く含まれている。同じ制度、同じ内容の教育プログラムが与えられたとしても、それらに対する期待感や満足度は人により異なる。そういう中で、複数の若い人間を引きつけ、3年もの間、包み込んでいる企業は、率直に、尊敬に値する。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。