従来型の病院は30年後までに消えてなくなる

「負のオーラ」出まくりの病院をどう変えるか

ところが開店してみたら館内人口が4000人くらいのビルなのに、1日に1000杯も売れた。これは、単にお店でコーヒーを提供するというサービスではなく、スペシャルティコーヒーをテイクアウトするというコーヒー文化が受け入れられ始めた証しでした。そこからは日産自動車のショールームや本社、ドイツ銀行など、オフィスビルにどんどん出店していったのです。

「東大病院」に「タリーズ」ができたワケ

松田公太(まつだこうた)/「日本を元気にする会」代表。1968年生まれ。父の転勤で幼少期をアフリカとアメリカで過ごす。筑波大学卒業後、三和銀行(当時)を経て、1998年にタリーズコーヒージャパン設立(2007年退任)。2010年参議院議員当選(みんなの党)。2015年「日本を元気にする会」結党、現在に至る

次に考えたのが、病院への出店だったんです。

というのも、私には病気の弟がいました。20歳で亡くなったのですが、拡張型心筋症という難病だったのです。その弟が大学病院に入院しているとき、外出はできないので、車いすを押しながら病院内をよく一緒に歩き回っていたのですが、古い病院だったこともあって、院内がジメジメして汚かったんですね。

木下:場所柄を抜きにしても、空間デザインとか含めてと機能性を優先しすぎて、いるだけで滅入ってしまう「負のオーラ」を出してしまってる病院は多いですよね。

松田:そうなんです。で、あるとき弟に、「退院したら何がしたい?」って聞いてみたら、「マクドナルドに行きたい」って答えたんです。健康な人ならマクドナルドのような大手チェーンに行くことをそんなに強く望んだりしないと思う。でも、長く入院していて世の中から隔離されているように感じている人たちは、日常生活こそが懐かしいのです。以前は当たり前のように行っていた場所に強く引かれている。そのことに気づいたんです。

外見は古い東大医学部付属病院。だがタリーズが入ったことで、日本の病院が変わるきっかけを作った(写真:kazukitatuko/Pixta)

だから、タリーズを病院に出そうと思った。「日常的な空間を病院内に用意してあげたい、殺風景な景色を変えたい」という思いでした。ところが弟が入院していた病院に交渉に行ったら、まったく相手にしてもらえません。大学病院の売店や食堂というのは「利権」が絡んでいて、なかなか新規参入が難しいんですね。

それでもいろんな病院にアプローチを続けていたら、東大病院が出店を認めてくれることになったんです。とても画期的な出来事でしたが、出店したからといって、そんなにお客さんが入るとは思っていませんでした。儲けを出すことが目的じゃないので、赤字覚悟の出店でした。

孫泰蔵(そん たいぞう)/日本の連続起業家。東京大学在学中の1996年Yahoo! JAPANの立ち上げに参画し、コンテンツ制作、サービス運営をサポートするインディゴ株式会社を設立、代表取締役に就任。1998年 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の前身となる、オンセール株式会社の設立に参画、代表取締役に就任。2009年 スタートアップ・アクセラレータMOVIDA JAPAN株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。2013年Mistletoe株式会社を設立(ミスルトーは宿り木の意)。起業家の育成、ベンチャー企業への投資、スタートアップ・エコシステムの形成・発展に向け活動開始

ところがいざオープンしてみると、初日から行列ができた。患者さんも見舞い客も医療従事者も、みな平等に並んでくれていました。しかも入院中のお父さんと手をつないで並んでいた娘さんが、「パパの好きなコーヒー屋さんが病院の中にできてよかったね」なんて言っている光景に出くわしました。これは本当にうれしかった。

すばらしいストーリーですね。

松田:ありがとうございます。東大病院に出店させてもらったおかげで、いろいろな病院からもオファーをいただくようになりましたし、その後、スターバックスや大手コンビニも、病院内への出店を始めるきっかけになりました。

野尻:まさに日本の病院の風景を一変させた出来事だったわけですね。

馬場:日本の病院って、過剰なまでに悲しい空間になっている。豊かな空間の病院を設計したいと思っても、病院特有の設計仕様に従うと、それがなかなか実現できないんです。

次ページ30年後、従来型の病院は消滅!?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT