「寝不足に悩む人」が知らない眠り方の新常識 いつもどおりのリズムを崩さないのが肝要だ

印刷
A
A

また、睡眠時間を後ろにずらして「いつもなら寝ている時間」に起きていると、成長ホルモンがまったく分泌されないこともわかっているので、「入眠は規則正しく」はぜひとも心掛けていただきたいポイントです。

「今日は徹夜確定」そんなときの夜の過ごし方

「最初の90分が、その後の睡眠の質を左右する」――このことを踏まえると、「今日は徹夜作業だ」という夜は、とりあえず90分だけ寝てしまって、そこから起きて作業を開始することが賢明といえます。

『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この場合、睡眠量は明らかに不十分ですが、質の面では「最低条件下で最大限のメリット」を得られることになります。眠った時間の90分ほどは、その後の効率アップで元が取れるはずです。

一方、眠気をこらえて明け方5時ころまで資料をつくり、「せめて7時まで2時間寝よう」というのもよくある話ですが、この場合脳は興奮していて、明け方になると体温も上昇を開始するので眠りづらいでしょう。結局明け方まで仕事をして眠ったとしても「ベッドに入ってうとうとしたけれど、寝た気がしない」という、量が少ないうえに質が悪い状態で出社することになるのです。

この「寝始め90分」の効果と睡眠の質の関係を知っているか知らないかで、翌日のパフォーマンスへの悪影響を最小限にとどめられるか、最悪の結果に終わるかが決まるといえそうです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT