1億円のピアノに載る次世代鍵盤と究極の音

白鍵と黒鍵が段差なく一直線に並ぶ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ピアノの鍵盤は、白鍵と黒鍵が互い違いに組み合わさったものだ。だが、ひとりの天才ピアニストがその常識に真っ向から挑み、新しい鍵盤を生み出した。白鍵と黒鍵が段差なく一直線に並ぶ、その新しい鍵盤は、究極の音を求めた結果だ。

鍵盤はなぜフラットではないのか?

約30年、トータルで1億円をかけて完成した未来鍵盤のピアノ。鍵盤は取り外せるようになっていて、他のピアノにも設置できる(Photos: Ryoichi Yamashita)

日本屈指のベーシストである細野晴臣は、ベースの演奏は「豆腐を切るように」弾くのが理想だと語った。この白鍵と黒鍵の段差がないフラットな“未来鍵盤”もまた、そんなやさしいタッチを求めてたどり着いたものだ。

「この未来鍵盤は、ピアノをより小さな力で繊細に弾くことができるうえ、演奏も簡単になっています。ピアノという楽器は白鍵と黒鍵が手前と奥にあることで、音の組み合わせが極端に多く、複雑になっているんです。習いたての子どもも白鍵だけを弾いているときは楽しめるのに、黒鍵が入ると挫折してしまう。僕は子どものころから『デコボコのないピアノがあればいいのに』と思い続け、70年目にしてその思いが形になったんです。携帯電話がデコボコだったら操作できますか?」

次ページ普通のピアノとは音も違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。