1億円のピアノに載る次世代鍵盤と究極の音

白鍵と黒鍵が段差なく一直線に並ぶ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ピアノの鍵盤は、白鍵と黒鍵が互い違いに組み合わさったものだ。だが、ひとりの天才ピアニストがその常識に真っ向から挑み、新しい鍵盤を生み出した。白鍵と黒鍵が段差なく一直線に並ぶ、その新しい鍵盤は、究極の音を求めた結果だ。

鍵盤はなぜフラットではないのか?

約30年、トータルで1億円をかけて完成した未来鍵盤のピアノ。鍵盤は取り外せるようになっていて、他のピアノにも設置できる(Photos: Ryoichi Yamashita)

日本屈指のベーシストである細野晴臣は、ベースの演奏は「豆腐を切るように」弾くのが理想だと語った。この白鍵と黒鍵の段差がないフラットな“未来鍵盤”もまた、そんなやさしいタッチを求めてたどり着いたものだ。

「この未来鍵盤は、ピアノをより小さな力で繊細に弾くことができるうえ、演奏も簡単になっています。ピアノという楽器は白鍵と黒鍵が手前と奥にあることで、音の組み合わせが極端に多く、複雑になっているんです。習いたての子どもも白鍵だけを弾いているときは楽しめるのに、黒鍵が入ると挫折してしまう。僕は子どものころから『デコボコのないピアノがあればいいのに』と思い続け、70年目にしてその思いが形になったんです。携帯電話がデコボコだったら操作できますか?」

次ページ普通のピアノとは音も違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT