大学ランキング首位の東大に「足りないもの」

高校教師と人事担当者の評価が順位を左右

指標別の順位に目を向けると、総合ランキングとは顔ぶれが違うことがわかる。それぞれのトップは、教育リソースでは東京医科歯科大学、教育満足度では国際教養大学、教育成果は東京大学、国際性では立命館アジア太平洋大学となった。

それぞれの上位20校を見てみよう。教育満足度や教育成果は総合ランキングと顔ぶれが似ている。だが教育リソースでは医科大学や理系の単科大学、国際性ではその名の通り「国際」や「外国語」といった名前のつく大学が多くを占めるなど、特徴的だ。前者は収入の多さなどが影響し、後者は大学の性質上、留学生や外国人の教員が多いためと考えられる。

総合1位の東大は教育成果でトップ、教育リソース・満足度でそれぞれ2位だったが、国際性では54位だ。ただ国際性の比重は先述のとおり16%と小さいため、総合順位は高く保たれた。

日本版ランキングについてベイティ氏は、「少子化で大学間の競争も激しくなる昨今、日本の学生の健全な大学選びに役立つ。また、文部科学省が大学の競争力をモニタリングする際の参考にもなる」としているが、海外への発信にも同じくらい力を入れたいようだ。

「海外の学生も(THE誌のホームページ上で)このランキングを見る。日本の大学にとっては、より多くの留学生を引き付けるということが重要。このランキングは国際社会に対して自らの強みを示し、日本の高等教育のユニークな強みを発信するものになる」(ベイティ氏)。

日本は留学生人気を得るチャンス?

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションのフィル・ベイティ編集長は「日本の大学はもっと差異化が必要」と訴えた(撮影:今井康一)

実際、世界大学ランキングではランク外の神戸大学、一橋大学、国際教養大学がそれぞれ13位、14位、20位にランクイン。「(これらの大学は日本での知名度は高く)日本人には当たり前に思えるかもしれないが、海外の留学生や企業、研究者にとっては非常に新鮮だ」(ベネッセ学校カンパニー・大学・社会人事業本部の藤井雅徳本部長)。

従来、世界中から多くの留学生を受け入れてきたのは、米国や英国だった。しかし藤井氏は米トランプ大統領の移民制限の意向や英国のEU(欧州連合)離脱決定などを背景に、「昨今の政治的な動きで(英国や米国以外の留学先を検討する)高等教育への影響が予想される。この重要なタイミングで、THE誌が日本版ランキングを世界に発信する。日本の大学がその好機をモノにできるかがポイントだ」と指摘する。

この日本版ランキングによって、日本の大学は世界の留学生を呼び込み、国際性を高めることができるだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT