座れる列車「Sトレイン」意外な停車駅のワケ

自由が丘や保谷に停車、池袋は通過

「Sトレイン」に使用される西武鉄道の40000系電車(撮影:尾形文繁)

その一つが東急東横線の「自由が丘」だ。土休日に運行される、西武秩父(西武秩父線)-元町・中華街(みなとみらい線)間のSトレインの東横線内での停車駅は、渋谷・自由が丘・横浜の3駅。同線の特急列車はこのほかに中目黒、武蔵小杉、菊名にも停車するが、Sトレインはこれらの駅には停まらない。渋谷と横浜は同線の両端に位置する駅だけに停車しても不思議ではないが、なぜ中間の停車駅に自由が丘が選ばれたのだろうか。

東急電鉄のwebサイトにある東横線各駅の紹介で、自由が丘は「『住みたい街』にランクインするおしゃれな街」として大きく取り上げられている。同社が発表している2015年度のデータによると、自由が丘の1日平均乗降人員は9万7453人だ。東横線と大井町線が接続する主要駅であり、紹介の文句通り「おしゃれな街」のイメージで知名度も高いが、乗降人員では特急が停まる6駅の中でもっとも少なく、特急の通過する日吉(通勤特急は停車)や綱島と比べても少ない。

観光要素のある駅で誘客図る

同駅をSトレインの停車駅にした狙いは何だろうか。東横線は、渋谷-横浜間を乗り通しても特急で26分。通勤路線であり、有料の座席指定列車にはやや距離が短いこともあってか「これまではあまりそういった(座席指定列車の運行を求める)声はなかった」(東急電鉄)という。

それだけに、同社が期待しているのはどちらかといえば東横線内のみの利用よりも乗り入れ他線との直通利用だ。そこで、西武沿線からの誘客に向け、東横線内でも特に知名度が高く、観光要素のある自由が丘が停車駅に選ばれたという。東急の担当者は停車駅について「お客様の意向などを伺いながら選んでおり、また今後検討させていただければ」といい、今後の利用状況などで変化する可能性も考えられそうだ。

ちなみに、東横線・みなとみらい線を走るSトレインは土休日のみ、1日あたり2往復半と本数は少ないものの、両線では全駅の券売機で指定券が購入できるようになっている。初の座席指定列車への意気込みがうかがえる部分だけに、ひょっとして平日のSトレイン運転に向けた布石か……とも思ってしまうが「特にそういった計画はない」(東急)という。

次ページ急行の停まらない保谷駅に停まるワケ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT