企業の採用担当者が語る「面接は機能不全」

10人いたら2人トンズラ

「企業だって嘘つき」という感覚を持たれている?(写真:msv / PIXTA)

面接で嘘をついたり話を盛ったりするのは、もはや「当たり前」。『AERA』3月20日号で、大学生のそんな現状をリポートした。言うまでもなく、企業は「嘘」や「盛り」に気づいていた。

嘘への罪悪感が薄れている?

──面接での「嘘」や話の「盛り」は気になりますか。

コンサル:競合他社も受けていて「2次、3次まで行ってます」って言うんだけど、絶対嘘でしょ、と思うことはありますね。本当に受かってるとしたら、その会社は大丈夫なのかと。

人材:最近「アプリを作りました」と言う学生が多いんですが、実は自分でじゃなくて、ハッカソンでみんなで作った、みたいなことは多々あります。質問を重ねれば簡単に見破れる。だまされている感覚はないですね。

IT:バイトなのに店長だったとかカンボジアで井戸掘ったとか、かわいいもんだな、と。面接担当者はそんなことよりポテンシャルを見てるのに。ただ、嘘を見抜けているかと言われれば自信はない。確かめようがないので気にしてもしょうがない。

外資:知りたいのは、「バイトで売り上げを2倍にした」というならその要因分析。お客さんのターゲットを広げたのか、単価を上げたのか、商品は同じなのか違うのか。仮に「2倍」が嘘でも、論理的に説明できるのならうちはOKです。

建設:多少「盛る」くらいは大目に見ますが、友だちの話を自分のことのように話すとか、根拠のない嘘をつく学生は採りたくない。お客さんに対してそれをやられると困るので。数年前から、嘘への罪悪感が薄れているとは感じています。

次ページ親類がやたらと死ぬ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。