企業の採用担当者が語る「面接は機能不全」

10人いたら2人トンズラ

「企業だって嘘つき」という感覚を持たれている?(写真:msv / PIXTA)

面接で嘘をついたり話を盛ったりするのは、もはや「当たり前」。『AERA』3月20日号で、大学生のそんな現状をリポートした。言うまでもなく、企業は「嘘」や「盛り」に気づいていた。

嘘への罪悪感が薄れている?

──面接での「嘘」や話の「盛り」は気になりますか。

コンサル:競合他社も受けていて「2次、3次まで行ってます」って言うんだけど、絶対嘘でしょ、と思うことはありますね。本当に受かってるとしたら、その会社は大丈夫なのかと。

人材:最近「アプリを作りました」と言う学生が多いんですが、実は自分でじゃなくて、ハッカソンでみんなで作った、みたいなことは多々あります。質問を重ねれば簡単に見破れる。だまされている感覚はないですね。

IT:バイトなのに店長だったとかカンボジアで井戸掘ったとか、かわいいもんだな、と。面接担当者はそんなことよりポテンシャルを見てるのに。ただ、嘘を見抜けているかと言われれば自信はない。確かめようがないので気にしてもしょうがない。

外資:知りたいのは、「バイトで売り上げを2倍にした」というならその要因分析。お客さんのターゲットを広げたのか、単価を上げたのか、商品は同じなのか違うのか。仮に「2倍」が嘘でも、論理的に説明できるのならうちはOKです。

建設:多少「盛る」くらいは大目に見ますが、友だちの話を自分のことのように話すとか、根拠のない嘘をつく学生は採りたくない。お客さんに対してそれをやられると困るので。数年前から、嘘への罪悪感が薄れているとは感じています。

次ページ親類がやたらと死ぬ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 中原圭介の未来予想図
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!